FM-Hi 受験生の漢方 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

◆FM-Hi 受験生の漢方◆2014年1月8日分

230017.jpg●まずはカゼ対策!
 毎度のお話で申し訳ないのですが、まずはカゼをひかないように対策しましょう。寒くならないように、乾燥しないように気を配る。板藍茶でうがいや朝夕の服用を行う。そして、のど痛・火照りの「赤いカゼ」、背中のゾクゾクは「青いカゼ」、腹痛吐き気は「黄色いカゼ」3種のカゼのタイプに振り分け、ひいてしまったら素早く対応する漢方薬を飲み分けます(以下に紹介↓)

●足腰背中を冷やさない
 頭寒足熱が基本です。冬場は足腰は温かく、頭はクールな状態を保つのが頭脳労働には大切。受験は頭脳のテストですから、のぼせてしまっては都合よくありません。冷静に頭を使う為、足腰背中を温かな状態をキープさせましょう。冷え症や生理痛が心配な方も、当然この頭寒足熱が大切ですよね。

●緊張してワケわからなくなってしまう人に
 試験は一発勝負です。この大事な場面に緊張して普段の実力を出し切れないのではもったいない事です。緊張しがちな人・ついつい一生懸命になり過ぎて肩に力が入り過ぎな人。頭の使い過ぎによる疲労感を改善する漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。肉体疲労とは違いスタミナが低下してる訳ではなく、上半身に力が入り過ぎて疲れてしまっているのですから、緊張感を緩める漢方薬をお試し下さい。緊張をゆるめるなら病院で出される安定剤はどうか?と思い浮かぶ方がいらっしゃるかもしれませんが、安定剤では副作用の「眠け」が厄介で、試験では上手く使えません。

●緊張してお腹が痛くなっちゃう人にも
 緊張の場面で腹痛や下痢を催す体質の方に使う漢方薬もあります。過度の緊張には、筋の強張りを緩めたり、お腹のケイレン状態を緩めたり、興奮状態を鎮める薬もあります。

●大切なのは普段から使う事
 いくら良い薬であっても、試験の日に初めて飲むような行為はナンセンス。大切な日に慣れない事をするべきはありません。漢方薬も普段から使い慣れ、使い勝手が分かった状態で使います。普段に使って、効果がわかったら本番で使うのです。


230019.jpg
【様々なカゼ薬】
天津感冒片(てんしんかんぼうへん)
 寒気と熱感が同居するカゼの状態で、熱感が勝るタイプの「赤いカゼ」退治のお薬です。金銀花・連翹などの生薬、薄荷・防風などの皮膚から外邪を逃す生薬、のどの痛みを鎮める桔梗・牛蒡子などの生薬。熱を鎮め痙攣防止に働く羚羊角。それら生薬で構成された処方で、カゼのみならず喉の痛み等にもお勧めです。

桂枝湯(けいしとう)・葛根湯(かっこんとう)
 寒気と熱感が同居するカゼの状態で、寒気が勝るタイプの「青いカゼ」退治のお薬です。背中から肩、そして首すじから頭にかけての冷えが続く状態に使います。上半身の血行を良くするので、朝、アタマの巡りが悪いような時にも有効です。

勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)
 寒気と熱感が同居するカゼの状態で、腹痛・下痢・吐き気などお腹の不調を伴う「黄色いカゼ」退治のお薬です。夏カゼに使う事が多いのですが、季節に関係なく胃腸寒い季節は足元から冷えが上に上がり、お腹の動きを鈍らせます。ガスが貯まり、お腹が張ったりしやすくもなります。そんな症状にもこの漢方薬が効果的です。お腹の冷えが強く下痢する場合は、人参湯(にんじんとう)などと併用していきます。


230023.jpg
【緊張対策の漢方薬】
逍遙丸(しょうようがん)
 ストレス・緊張で肩に力が入ってしまい、緊張により情緒不安定になり易い方にお勧め。

霊黄参(れいおうさん)
 ストレス・緊張のため、頭が混乱して体に力が入らなくなるような方の疲労感の改善にお勧め!

感応丸気(かんのうがんき)
 ストレス・緊張で胃腸の調子を崩し、下痢・腹痛など起こす方や、心臓のドキドキが始まってしまう方に。

FM-Hi「くまねこどう?」 まとめのページ
◆2013年12月 年末年始の漢方
2014年01月 受験生の漢方
◆2014年02月 生理痛の漢方
◆2014年03月 五味について
◆2014年06月 睡眠①
◆2014年07月 睡眠②
◆2014年08月 アトピー性皮膚炎①
◆2014年09月 アトピー性皮膚炎②
◆2014年10月 不妊症①
◆2014年11月 不妊症②
◆2014年12月 不妊症③
◆2015年01月 受験生対策
◆2015年02月 腰痛 神経痛
◆2015年03月 花粉症
◆2015年04月 
◆2015年05月 5月良い季節
◆2015年06月 6月胃腸と頭
◆2015年07月 7月梅雨と胃腸
◆2015年08月 湿気と胃腸と夏バテと
◆2015年09月 夏バテと快適睡眠
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年12月 12月:冷え対策
◆2016年01月 1月:咳の養生
◆2016年02月 2月:鼻水や痰
◆2016年03月 3月:食事の時は
◆2016年04月 4月:新しい環境に適応
◆2016年05月 5月:連休明けて
◆2016年06月 6月:湿気ジメジメ
◆2016年07月 7月:夏は暑くて消化が悪い
◆2016年08月 8月:汗かく時はご用心!
◆2016年09月 9月:夏バテ [ch0]
◆2016年10月 10月:食事と睡眠 [ch0]
◆2016年11月 11月:秋の疲れ [ch0]
◆2017年01月 1月:正月は胃袋もゼロから [ch0]
◆2017年02月 寒いとお腹もおかしくなる
◆2017年03月 花粉症諸々
◆2017年04月 春の健康法
◆2017年05月 ストレスでお腹



【営業案内】
営業時間10~19時
定休日日曜・月曜

◆9月23日(日)
午前10時30分からくまねこ中医学講座を開催 テーマ「血を養う」

◆9月26日(水)
研修会参加の為、終日休業します


◆普段お飲みのお薬の購入時は、店員が先客と相談中であっても商品販売を優先し対応致しますので、入店後すぐに店員にお声をお掛け下さい。
予約優先の順番制で相談業務を行なっております。お時間の無い方は、事前にお電話でご予約下さい。
◆お薬の値段の目安
こちらをご参考に!!
システム 料金

【更新情報】
◆9月1日TOP画面
◆12月15日トップ画面
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ

ブログコーナー
昔のブログ