FM-Hi 不妊症 子宝相談① 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

◆FM-Hi 不妊症①◆2014年10月1日分

◆不妊症 イントロダクション99.jpg
不妊に関して3回に渡ってお伝えしていこうと思います。今日はまず、イントロダクションです。簡単に不妊事情などについてご紹介です。

周産期死亡率からみた出産最適年齢は20~34歳 
高齢出産は一般的には40歳以上であるが第1子出生時の母の平均年齢は上昇傾向にあり、平成23年は30.1歳 昭和50年は25.7才です。

不妊症は直面した当事者にとっては切実な問題なのですが、
世間的に理解が得られているかと言うと、なかなか難しいものです。
特に、男性側の女性の生理一般に関しての知識が乏しいのですが、理解して困る知識ではありませんし、ちゃんと理解すれば、奥さんの機嫌の悪さの原因だって分かるりあえる事ができるかもしれません。

不妊症に関しては、女性にとっても普段なかなか話題になり辛かったり、職場等でもこの話題を話す機会が多く無い・・というか敢えて避けているのかもしれません。

◆不妊の問題に直面した夫婦は、
まず大事なのは、夫婦揃って早めに検査を受けておくことです。
「不妊の原因は嫁にある」と決めつけてたのはもう過去の話です。
大ざっぱに言って不妊の原因は
1/3は男性側、1/3は女性側、残り1/3は相性の問題と言えます。
相性とは例えば精子と卵子のアレルギーの問題のようなものと考えて下さい。女性の体や卵子が精子を異物として排除する傾向にある免疫の問題です。

そう考えると男性側の原因による割合は結構大きいのです。だから男性も早目に検査を受けに行く必要があります。
女性には妊娠出産し易い年齢というものがあります。
散々女性が不妊治療を続けてきたのに、なかなか妊娠出来ない。
最後になってよくよく調べてみたら、男性側の造精能力に問題があったと分かったが、女性の年齢が高くなり過ぎて・・・。という事態も起きています。もっと早い段階で判明してたら、手段を講じれたのに・・・。
恥ずかしい話ではないのですから、男性もまず精液検査です。

さて、産婦人科では数々の検査や治療を行っており、
人工授精、体外受精などを行う事でかなり多くの困難な不妊も治療出来るレベルになっています。(費用がかさむ治療もあるかもしれませんが・・)

漢方薬局も子宝相談に多くの方が訪れており、とても人気です。
薬局にいらっしゃるのはどういった方が多いかと云うと、
自然妊娠を望みたい方。そして、人工授精や体外受精を試してみたがなかなか良い結果が得られないので、漢方薬を飲んで、一度体調管理や体力を取り戻し元気になりたいと望む方。そんな方が多いのです。

冷え症、生理不順、生理痛、頭痛、肩凝り、月経前の不調(PMS)・・そういった症状改善でまずいらっしゃって、体調が良くなったのでできれば妊娠出産までという方。
そして、子宮筋腫や子宮内膜症、時には卵巣嚢腫、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、プロラクチン血症などちょっとやっかいな類な疾患に関しても、それらの症状と上手く付き合いながら、妊娠できるように身体の環境作りのお手伝いをする事が漢方薬局でのお仕事です。

精子にしても卵子にしても親(父親や母親)となる母体から生まれたいわば、「分身」です。
精子にパワーが無いのなら、父親の体調を整え元気にするのです。
卵子にパワーが無いのなら、母親の体調を整え元気にするのです。
母体が健康と元気を保つ事が大変重要という訳です。

疲れた身体を元気にするのは、漢方薬の得意分野です。
効能効果に滋養強壮、肉体疲労などと書かれた漢方薬は数多く存在するのは皆さんご存じでしょう。元気が無くした原因は多種多様でしょうが、それぞれの原因に漢方薬でバックアップしていきます。

次回の第二回目は女性側の原因や疾患への対応をお話します。

FM-Hi「くまねこどう?」 まとめのページ
◆2013年12月 年末年始の漢方
2014年01月 受験生の漢方
◆2014年02月 生理痛の漢方
◆2014年03月 五味について
◆2014年06月 睡眠①
◆2014年07月 睡眠②
◆2014年08月 アトピー性皮膚炎①
◆2014年09月 アトピー性皮膚炎②
◆2014年10月 不妊症①
◆2014年11月 不妊症②
◆2014年12月 不妊症③
◆2015年01月 受験生対策
◆2015年02月 腰痛 神経痛
◆2015年03月 花粉症
◆2015年04月 
◆2015年05月 5月良い季節
◆2015年06月 6月胃腸と頭
◆2015年07月 7月梅雨と胃腸
◆2015年08月 湿気と胃腸と夏バテと
◆2015年09月 夏バテと快適睡眠
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年12月 12月:冷え対策
◆2016年01月 1月:咳の養生
◆2016年02月 2月:鼻水や痰
◆2016年03月 3月:食事の時は
◆2016年04月 4月:新しい環境に適応
◆2016年05月 5月:連休明けて
◆2016年06月 6月:湿気ジメジメ
◆2016年07月 7月:夏は暑くて消化が悪い
◆2016年08月 8月:汗かく時はご用心!
◆2016年09月 9月:夏バテ [ch0]
◆2016年10月 10月:食事と睡眠 [ch0]
◆2016年11月 11月:秋の疲れ [ch0]
◆2017年01月 1月:正月は胃袋もゼロから [ch0]
◆2017年02月 寒いとお腹もおかしくなる
◆2017年03月 花粉症諸々
◆2017年04月 春の健康法
◆2017年05月 ストレスでお腹



【更新情報】
◆12月15日トップ画面
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ
◆疲れの悩みコーナー    
を新設!!
◆眠りの悩みコーナー
ブログコーナー
昔のブログ