FM-Hi 2015年06月 胃腸と頭 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

◆FM-Hi 胃腸と頭◆2015年6月3日放送分
◆胃腸の調子が頭のパフォーマンスの良し悪しに関連しているという話を前回触れました。記憶や学習に関係したり、メンタルの安定に必要な物質・・・いわゆる「神経伝達物質」が腸で作られるので、頭の活動を支える為に腸の環境を良くしておく事が非常に大切です。
04-27-3001.jpg
 腸の環境といっても難しく考える事はありません。下痢、便秘、腹部膨満感などを改善し、お腹が健やかな状態を保っている事が腸の環境が良い状態です。バナナ上の大便が毎日キレイに出せる事が目標です。
 胃腸の調子を改善していくための漢方薬、良い状態を維持するための漢方薬というものがいっぱいあります。これを利用しない手はないでしょう。
 お腹を温める漢方薬、お腹の痙攣を緩める漢方薬、お腹の水浸しを改善する漢方薬、お腹の動きを促す漢方薬etc、本当にいっぱいのお腹に効く漢方薬があります。
 それら漢方薬の服用する際に、併せて日常の養生が大切なのは云うまでもありません。例えばの話ですが、いくらお腹を温める漢方薬を飲んでいても、その一方で暑いからといって毎日ビールやジュース、アイスクリームを摂っていては漢方薬の効果なんて吹き飛んでしまいます。いくら温めても、それ以上に冷やしたら、温かくならないのは簡単な道理です。お腹の中の余分な水分を、一生懸命に漢方薬を飲んで整理整頓していても、その横で水を注ぐ浸しにしてしまっていっては部屋はいつまでもジメジメのまま乾燥しません。
 けど、人間はそんな愚かな事を平気でやってしまいます。
 これからは湿気が強くなる季節です。サウナ室の中で洗濯物を干しても乾かないように、この季節は身体の中がジメジメし易くなります。余分な水分はお腹の敵で、これが腸内環境ひいては頭の活動を低調にさせる原因ともなります。水を飲み過ぎない。お腹を冷やさない。腸内細菌云々を考えるより先にクリアするべき課題でしょう。なんでいいウンコが出ないのかを一度ゆっくり考えてみましょう。それが「もの忘れ」を治してくれるキッカケになるかもしれません。
 次もボケなどに関しての話を続けましょう。

⇒FM・Hiくまねこどう?の音声

04-30-3001.jpg









FM-Hi「くまねこどう?」 まとめのページ
◆2013年12月 年末年始の漢方
2014年01月 受験生の漢方
◆2014年02月 生理痛の漢方
◆2014年03月 五味について
◆2014年06月 睡眠①
◆2014年07月 睡眠②
◆2014年08月 アトピー性皮膚炎①
◆2014年09月 アトピー性皮膚炎②
◆2014年10月 不妊症①
◆2014年11月 不妊症②
◆2014年12月 不妊症③
◆2015年01月 受験生対策
◆2015年02月 腰痛 神経痛
◆2015年03月 花粉症
◆2015年04月 
◆2015年05月 5月良い季節
◆2015年06月 6月胃腸と頭
◆2015年07月 7月梅雨と胃腸
◆2015年08月 湿気と胃腸と夏バテと
◆2015年09月 夏バテと快適睡眠
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年12月 12月:冷え対策
◆2016年01月 1月:咳の養生
◆2016年02月 2月:鼻水や痰
◆2016年03月 3月:食事の時は
◆2016年04月 4月:新しい環境に適応
◆2016年05月 5月:連休明けて
◆2016年06月 6月:湿気ジメジメ
◆2016年07月 7月:夏は暑くて消化が悪い
◆2016年08月 8月:汗かく時はご用心!
◆2016年09月 9月:夏バテ [ch0]
◆2016年10月 10月:食事と睡眠 [ch0]
◆2016年11月 11月:秋の疲れ [ch0]
◆2017年01月 1月:正月は胃袋もゼロから [ch0]
◆2017年02月 寒いとお腹もおかしくなる
◆2017年03月 花粉症諸々
◆2017年04月 春の健康法
◆2017年05月 ストレスでお腹



【更新情報】
◆12月15日トップ画面
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ
◆疲れの悩みコーナー    
を新設!!
◆眠りの悩みコーナー
ブログコーナー
昔のブログ