アトピー性皮膚炎TOP of 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

アトピー性皮膚炎悩み

◆皮膚炎になってしまった◆

熊猫パンダ.jpg 皮膚炎は虫刺されやかぶれ等という、外部からの刺激によるものだけでなく、体内の環境によってよって引き起こされるものもあります。便秘、日焼け、食事内容、ストレス、睡眠等といった原因を突き止める事が大切です。
 現代医学でまず検査される。「アレルギー症状が直接どういった刺激によってひき起こされるのか」という視点は大切ですが、その結果を受けての対応方法が、特定された「アレルギー物質を避ける」という一点にのみに偏っているのではと感じます。症状を紛らわすための薬物を、内服や塗り薬で使われているだけなのが現状の治療のようです。

 しかし、それ以外のアプローチも治療法として存在します。漢方薬での治療ではその原因を体内に求めます。「他者と同じ環境に生活しているのに、自分だけ発症し、悪化していくのは何故であろう?」という疑問への解答探しがその根底にある考えです。アレルギーでなくても皮膚炎は起こります。皮膚の悪化の原因は体内環境を考えていけば、対応策が見つかります。

 具体的にどういったものであるかというと・・。例えば「皮膚が乾燥して痒い」という症状があります。乾燥しているならば、潤せば症状が軽減すると考えるのがまずは定石です。実際、体を潤す漢方薬は数多く存在するので、部位と原因によって使い分ければOK。「なんだ単純なもんなんだ」って声が聞こえてきそうですね。
 しかしね、しかし、アトピー性皮膚炎の治療となるとそう簡単にはいかないのです。アトピー性皮膚炎の場合、皮膚が乾燥してるように見えて、実際は皮膚表面の下はジュクジュクした分泌物やへドロが溜まっていたりして、潤す為の漢方薬を投与すると、却って症状を悪化させてしまう事が往々にしてあるのです。
見た目は乾燥していても、その実は湿潤状態というケースです。

 塗り薬が悪さをする場合もあります。乾燥してる患部に軟膏などを塗って潤わす治療をする。しかし、それにより体内の熱が軟膏で密封されて熱の逃げ場を無くし、患部の症状が悪化するケース。珍しくありません。

 なんでジュクジュク状態になってるのか、なんで熱が籠って炎症を起こし易くなっているのか、なんで傷口だらけの状態なのか。「なんで?」の答を見つけないと根本治療になりません。

 先にも書きましたが、その原因が食べ物であったり、ストレスであったり、睡眠であったり、胃腸虚弱であったり、お仕事上避けられない問題であったり、様々なものなのです。

 「奇妙な」とか「訳のわからない」といった意味の「アトピー」という言葉。そのアトピーを解決する方法なのですから、原因を露わにして,その対策をする事に解決の為の指針になります。症状を誤魔化す事ではアトピーは改善していかないでしょう。

 塗り薬を塗る事で患部がすぐ治る程度の皮膚炎だったら良いのですが、現実にはそんな簡単には改善しない性質の皮膚炎が多いのです。根気よく取り込む必要性を理解して、続けます。

 漢方薬での対応する場合、症状が起きた原因を考え、改善するように働きかけます。漢方相談ではライフスタイルを把握する目的で、多くの質問をさせて頂きます。
 
 便秘をしていたらそれだけで皮膚は悪化しますし、睡眠がちゃんと取れていなければ皮膚は悪化します。そのように生活の様子と大きく関わってくるものなので、「なんでそんな質問するの?」とお感じになるものも治療していく段階で必要に応じて投げかけていきます。

 皮膚は内臓の鏡と云われます。皮膚炎の多くは体の内側の状態と深く関係してきます。食事内容も大事なのは説明するまでもないでしょう。

◆Q&A◆

Q:痒みを抑える薬は漢方薬であるのですね?
A:漢方薬は原因を改善する事で効果を発揮します。つまり痒みを抑えると云っても、痒みの原因が異なるので対応する漢方薬は異なるのです。
 便秘によって皮膚症状が悪化してたら、便秘を改善する薬。尿の出が悪い事で皮膚炎が悪化していたら、尿の出を改善する薬。食べ物の消化が悪い事で皮膚が悪化していたら、胃腸での消化を改善する薬。といった具合です。
Q:飲み薬は苦いので塗り薬で治したいのですが?
A:漢方薬は苦いものばかりではありません。いろいろな味があります。また、飲む人の体調により味は変化します。
 塗り薬ですが、「皮膚炎は塗り薬で治す」という感覚はわかりますが、虫刺されや擦り傷と違い、アトピー性皮膚炎のように体の内面に原因がある皮膚炎の場合、いくら塗り薬を使っても改善していかない事が多いのです。
 皮膚を指で掻きむしった傷の手当に使う塗り薬や、皮膚表面の乾燥対策で潤いを与える塗り薬は「保護する」という意味では有効ですが、それだけでは問題の核心には辿りつきません。

◆改善例◆

W_No_01.gif
10代 女性
 痒みが強く一向に改善の兆しがみられない。痒み止めの内服薬で症状は一時的に鎮まるが、副作用の眠けとだるさが強く、勉強に手が付きません。

 家族で食生活等に工夫をしてみたが、どうにもならず来局されました。普段の行動、飲食、睡眠状態、ストレスの状態などをカウンセリングでお聞きする。睡眠と飲食に関して良くない習慣がみられました。

 外用スキンケアクリームと、皮膚の熱感を鎮め、痒みを鎮める漢方薬(煎じ薬)を服用して貰いました。1日分500円。まずは1週間服用後、調子悪く無いのを確認して2週間づつお持ち頂き、途中からはエキス剤に変えて続ける。併せて真面目に生活上の養生を守って頂きました。

 現在は、以前飲んで新薬のかゆみ止めの内服薬を服用しなくても痒みをコントロール出来るようになった。余分な眠けが襲う事もなく、順調に勉強が出来る状態になり、無事合格されました。

 それ以降は、時々思い出したように痒みが出現する時がある程度に治まっているとの事でした。
W_No_02.gif
30代 男性
 皮膚の乾燥、患部からの分泌物が乾きカサブタを形成している。断続的にみられる皮膚の痒みがみられる。というのが主な症状でした。ライフスタイルの特徴は、睡眠時間が短く、食事の内容が乏しい。

 外側部からはスキンケアクリームで患部を保護しながら、内側からは原因を取り除く為の漢方薬を服用しました。

 体内のヘドロを排出させる薬や、抗菌し肌の防御をさせる薬を症状の出現時に合わせて服用しました。その他、皮膚の熱を鎮め痒みを抑える薬を使う事もありました。

 結果、思考錯誤を重ね、ある程度患部の症状が落ち着いてからは、便通を整え、胃腸の働きを高める漢方薬のみを継続している。この2年間は症状は相当落ち着いています。
W_No_03.gif
10代 男性
 皮膚表面に傷や紅潮などの目立ったものは多くない。また、分泌物が続くタイプの皮膚炎でもないが、疼くような痒みだけがみられる。

 食事内容に関しては特に大きな問題は無いが、皮膚炎が悪化するリスクの高い食事に注意を払って頂く。

 ストレス・イライラ、睡眠の質が悪いという点に重点を置いていく。緊張を緩め、興奮を鎮める漢方薬をメインに服用して頂き、痒みを抑制し、傷の修復を早める漢方薬を症状に合わせて併用していく。
 結果、痒みがコントロールできるようになり、痒みの出る患部を掻きむしる機会が少なくなり、安定している。

◆コメント◆

皮膚炎の原因を思い浮かべる事が出来ますか?虫に刺されたとか、ニキビとか、汚れが落ちないとか、漆に触った等の理由なら分かり易いのですが、そういうハッキリした理由がない場合、「なんでこんなのが出来ちゃったかな~~~~」と考え込むでしょう。
 皮膚炎の改善には、この薬さえ使えば万事OKというものは多くないので、個々のケースで治し方を考えていかなければなりません。ひとりで悩んでいる時間があれば、まずはお店を訪ねてみて下さい。

アトピー性皮膚炎の原因.png

【お知らせ】
12月2、9日(土)
 夕方6時半閉店
12月23日(土祝)
 研修会参加の為
 午後1時閉店

【営業案内】
営業時間10~19時
定休日日曜・月曜

◆相談不要で商品購入のみ目的での来店時は、入店後すぐに店員に声をお掛け下さい。先客と相談中でも、商品販売を優先し対応致します。
予約優先の順番制で漢方相談を行なっております。お時間の無い方は、事前にお電話でご予約下さい。

【中医学講座】
中医学を簡単に紹介する講座
毎月第2日曜10時半から約2時間@店内
<次回予定>
※12月10日日曜日
(10時30分~)
テーマ「痛み」
タイトル「痛み痺れになるべく鎮痛剤は飲まない」
◆寒い季節は痛みも出易いものです。しかし、安易に痛みを回避する事が治療を邪魔する結果を招く事もあります。痛みの原因へのアプローチを考えましょう。中医学の知恵を役立てると楽に過ごせます。
●予約はお電話などで連絡下さい。 
●筆記用具は御持参下さい
03_S.GIF


【世界お茶まつり】
◆会場では御好評頂き、大変多くの方に参加して頂きました。くまねこブログで「世界お茶まつり」のレポートをしています。御覧ください。
世界お茶まつり2016

【更新情報】
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ
◆5月3日FMコーナー
◆疲れの悩みコーナー    
を新設!!
◆眠りの悩みコーナー
ブログコーナー
昔のブログ