FM-Hi 2015年12月 冷え対策 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

◆FM-Hi:寒くて冷える◆2015年12月2日放送分

◆温かい気候の静岡も大道芸が終わると、徐々に寒さを感じる事が多く02-27-3001.jpgなってきます。女性の方は特に冷えが辛いという方が多いようですね。
 日頃漢方薬で冷え対策の相談をしていると分かるのが、冷えている人を温めても冷えがよくならない方が結構な割合でいらっしゃるという事です。つまり生姜紅茶を飲もうと、ストーブに当たろうと、すぐに冷えてしまう方の存在の事を言っている訳です。

【冷え対策をするなら、先ずは大前提の養生】
①冷たい飲食物を摂らない(体温以下の温度のもの)
②水分を必要以上に摂らない
③衣服を調整して着こみ、冷えないようプロテクトする
④毎日入浴(シャワーでは駄目)
⑤冷え対策の王道は、運動により筋肉を動かす。
 以上の項目の養生を行なわずして、冷え対策といってもナンセンス。

 その上で温め薬を飲みます。川芎、桂枝、生姜、当帰、紅花、附子、細辛といった冷え改善のスペシャリスト生薬が多く配合された漢方薬を飲む。一回の服用で改善する訳はなく、数か月に渡り飲み続けていきますが、それで冷えが改善する方は全体の半分強の割合。

 それだけでは改善しない方はどういう方かというと、まずは痩せ過ぎの人、もう一つは神経使い過ぎの緊張が強い人。なかには水分代謝が悪くて血流が悪い為局所的な冷えが続く方もいます。

 そういう方は温まり様が無いので、治し方としては体を潤したり(水分摂取を増やすという訳ではない)、緊張を緩めたりといった事をするのです。それぞれ体質が異なるので、相談の上服用する薬を判断します。

 先日相談にいらした方は、食事をすると冷えて仕方ないと訴えておりました。胃袋に血液が集中してしまうタイプなのでしょう。胃腸の負担を減らしたり、胃腸のパワーアップを図る漢方薬を服用していくのが対策です。限りある人間の持つパワーを、如何に分配させていくかという問題なのですね。

 静岡は暖房が充実していないので、冬場屋内は冷える事が多いので、着衣を中心に積極的に自衛の手段を講じる必要がありますから注意しましょう。その意味が分からない方は、北国に行けば理解できます。

カゼひかないように、温かに年越しを迎えましょう!今年一年聞いて頂き、本当にありがとうございました。また来年!

⇒■FMHi「くまねこどう?」の音声

FM-Hi「くまねこどう?」 まとめのページ
◆2013年12月 年末年始の漢方
2014年01月 受験生の漢方
◆2014年02月 生理痛の漢方
◆2014年03月 五味について
◆2014年06月 睡眠①
◆2014年07月 睡眠②
◆2014年08月 アトピー性皮膚炎①
◆2014年09月 アトピー性皮膚炎②
◆2014年10月 不妊症①
◆2014年11月 不妊症②
◆2014年12月 不妊症③
◆2015年01月 受験生対策
◆2015年02月 腰痛 神経痛
◆2015年03月 花粉症
◆2015年04月 
◆2015年05月 5月良い季節
◆2015年06月 6月胃腸と頭
◆2015年07月 7月梅雨と胃腸
◆2015年08月 湿気と胃腸と夏バテと
◆2015年09月 夏バテと快適睡眠
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年12月 12月:冷え対策
◆2016年01月 1月:咳の養生
◆2016年02月 2月:鼻水や痰
◆2016年03月 3月:食事の時は
◆2016年04月 4月:新しい環境に適応
◆2016年05月 5月:連休明けて
◆2016年06月 6月:湿気ジメジメ
◆2016年07月 7月:夏は暑くて消化が悪い
◆2016年08月 8月:汗かく時はご用心!
◆2016年09月 9月:夏バテ [ch0]
◆2016年10月 10月:食事と睡眠 [ch0]
◆2016年11月 11月:秋の疲れ [ch0]
◆2017年01月 1月:正月は胃袋もゼロから [ch0]
◆2017年02月 寒いとお腹もおかしくなる
◆2017年03月 花粉症諸々
◆2017年04月 春の健康法
◆2017年05月 ストレスでお腹



【更新情報】
◆12月15日トップ画面
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ
◆疲れの悩みコーナー    
を新設!!
◆眠りの悩みコーナー
ブログコーナー
昔のブログ