FM-Hi 2016年06月 湿気ジメジメ 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

◆FM-Hi:6月はジメジメ 湿邪が問題だ!
2016年06月01日放送分

◆日本の夏は湿気が強いと言われます。国内に居てはそれが珍しい事とは分からないもので「夏はこんなもんや!」って感じ。しかし、大陸の国々と比べてみて初めて「なるほど~日本はベタベタやな~」と理解できるものです。外の国から見ると、この湿気の強い気候は、相当特徴があります。
 特に梅雨から夏の終わりにかけての湿度の高さは顕著で、初めて来日した外国人が「息が出来ない」と訴える方もいるとか。夏は気温の高さ、プラス湿度の高さで、暑苦しさは倍化するのでしょう。あるタイ人がこう言ってたとか「日本の暑さは耐えられない」と。
 日本において元気に過ごしていくには、外国の健康法の真似ではなく、日本の気候にあった日本なりの過ごし方が重要です。

【湿邪を理解しよう!】
 湿気の強さも体調不良を促す原因になるという考えが中医学にはあり、この忌々しい湿気を中医学の専門用語で「湿邪(しつじゃ)」と呼び、湿邪による影響を少なくする事で病を楽にしていこうという治療をします。湿気の強い時期は外気の湿度(外湿・・ガイシツと呼びます)が増し、ジメジメして不調になるのですが、同時に体の内側にも湿気(内湿・・ナイシツと呼びます)も生まれ易く、体の外側と内側の両方で湿邪が停滞しまくるのです。胃腸虚弱、飲み過ぎ、食べ過ぎ、消化不良でも内湿は生まれます。

 ジンマシン、アトピー性皮膚炎、喘息、肩凝り、頭痛、頭重、めまい、体の重だるさ、足腰や膝の痛み、関節痛、リウマチなどは湿邪により起こる不調の数々です。(※ここで間違って認識して頂きたくないのは、例えば、めまいの原因の一つが湿邪と考えるという意味で、体力不足が原因のめまい。ジンマシンもあるし、ストレスや怒りが原因のめまいもあります。その他の不調の原因も同様です。)

 湿邪のイメージは、「ベタベタして粘着し、体を重だるくし、主に下半身に停滞する」・・・そんな感じです。湿邪は重い性質で、足腰に停滞し易く、下半身に痛みや腫れを催し易い。雨が良く降るこの時期は、痛みが増す上に、昨今のようにクーラー等で足腰が冷えると、また余計に痛みが増します。
 そんな痛みには湿邪を取り除きながら、冷えた体を温める独歩顆粒(どっぽかりゅう)や五積散(ごしゃくさん)といった漢方薬を用います。ヨクイニンなども余分な湿邪を除く為に有効ですので、併せて飲むといいでしょう。

 日本でメジャーな肩凝りも、湿気が少ないお国では余り問題視されない症状です。ドライな気候では湿邪の停滞がなく、肩凝りが楽になるのでしょう。けど日本ではどこに行っても”肩凝りさん”が大勢いらっしゃいますよね。神経の使い過ぎと労働過多、姿勢の悪さだけが肩凝りの原因だけではなく、湿邪が影響していると考えられるでしょう。

 アトピー性皮膚炎もこの時期に悪化する傾向があります。体の老廃物を体外に排出したいのに、外湿が強すぎて気持ちいい汗がかけず、おまけに暑くて喉が渇き、ついつい冷たい飲み物をグビグビと飲んでしまい、お腹の中に内湿がいっぱい生まれます。その結果、皮膚に湿邪が溜まるようになり、ジュクジュク、カユカユ、ボコボコの皮膚を呈し、ボロボロと皮膚が剥けてきます。アトピー性皮膚炎の出来上がりです。困ったものです。この仕組みを理解し、原因を絶つ努力をしないと治っていきません。自然に任せて今まで通りでは治療は難しいものです。理由は駄目な生活習慣が身に付いてしまっているからです。

【養生としては何をする?】
 芳香性のある柑橘系の果物の臭いや、ミントのような強い臭いを嗅ぐ事で、熱さと湿気で停滞しがちな頭やお腹の動きをシャープにします。漢方薬では勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)がお勧めです。湿邪対策にとても効果的です。
 これからの時期を乗り切るには、味に注目してみるのも良いでしょう。体の火照りを鎮める為に苦味の食物。発汗を促すなら辛味の食物(食べ過ぎることで却って火照る)。汗の掻き過ぎや、余計な喉の渇きを鎮めるために、酸味の食物。疲れによる体力ダウンには甘い食物。夏はそれらの味の食物を体調にあわせて摂ってみては?

⇒■FMHi「くまねこどう?」の音声14-38-3001.jpg

FM-Hi「くまねこどう?」 まとめのページ
◆2013年12月 年末年始の漢方
2014年01月 受験生の漢方
◆2014年02月 生理痛の漢方
◆2014年03月 五味について
◆2014年06月 睡眠①
◆2014年07月 睡眠②
◆2014年08月 アトピー性皮膚炎①
◆2014年09月 アトピー性皮膚炎②
◆2014年10月 不妊症①
◆2014年11月 不妊症②
◆2014年12月 不妊症③
◆2015年01月 受験生対策
◆2015年02月 腰痛 神経痛
◆2015年03月 花粉症
◆2015年04月 
◆2015年05月 5月良い季節
◆2015年06月 6月胃腸と頭
◆2015年07月 7月梅雨と胃腸
◆2015年08月 湿気と胃腸と夏バテと
◆2015年09月 夏バテと快適睡眠
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年11月 風邪ひき易い
◆2015年12月 12月:冷え対策
◆2016年01月 1月:咳の養生
◆2016年02月 2月:鼻水や痰
◆2016年03月 3月:食事の時は
◆2016年04月 4月:新しい環境に適応
◆2016年05月 5月:連休明けて
◆2016年06月 6月:湿気ジメジメ
◆2016年07月 7月:夏は暑くて消化が悪い
◆2016年08月 8月:汗かく時はご用心!
◆2016年09月 9月:夏バテ [ch0]
◆2016年10月 10月:食事と睡眠 [ch0]
◆2016年11月 11月:秋の疲れ [ch0]
◆2017年01月 1月:正月は胃袋もゼロから [ch0]
◆2017年02月 寒いとお腹もおかしくなる
◆2017年03月 花粉症諸々
◆2017年04月 春の健康法
◆2017年05月 ストレスでお腹



【更新情報】
◆9月1日TOP画面
◆12月15日トップ画面
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ

ブログコーナー
昔のブログ