胃腸の悩み Q&A of 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

胃腸悩み

◆胃腸の悩みQ&A◆

Q:逆流性食道炎に効く漢方はありますか?
A:胸焼け、ムカムカなどの症状が出ていると思われます。その症状を改善する漢方薬は多く存在します。
Q:テストの時期にトイレに行く回数が増えます。対策は?
A:ストレスや緊張が関係している症状と思えます。頭の興奮を鎮めリラックスさせるような漢方薬や、体の強張りを緩める漢方薬などを試してみてはどうでしょう。また、勉強を頑張り過ぎて、夜更かししているのが原因かもしれません。ライフスタイルの分析が必要ですね。
Q:苦い薬が嫌なので、胃腸薬は飲みたくないですが・・・
A:一般的に「胃腸薬は苦味が強い」という印象があります。しかし、何も苦味が強い胃腸薬ばかりではありません。漢方薬では、消化吸収能力を向上させていくものや、胃腸の停滞感を改善するものなどは、むしろ甘かったり、爽やかな味のものが多くあります。バラエティに富んだ胃腸薬の働きを御紹介致します。一度ご相談下さい。
Q:昼食後、眠くて仕方ありません。どうしたらいいでしょう。
A:消化能力は人それぞれ違なり、食べた後でも何も不調がない人もいますし、食事が非常に負担になり、眠けを強く催す人もいます。胃腸が活発に動くよう、漢方薬で胃腸の動きを改善したり、、消化の助けになる薬などで、眠気を軽減する事が出来ます。
Q:下痢、便秘、お腹が張るというようにお腹の症状がいろいろ変化するのですが
A:様々なケースが考えられましょうが、多いケースは緊張ストレスで腸の動きがケイレン性の状態になっているものです。胃腸の動きのリズムの問題でしょうから、リズムを調整していきましょう。
Q:過敏性腸症候群と診断されました。どうしましょう。
A:緊張、お腹の冷え、消化する過程が不安定であったりと、いろいろな原因が考えられますねカウンセリングで分析した原因を基に対処する漢方薬を選びましょう。
Q:下痢が激しく止まりません。
A:急にその症状が始まったものでしたら、食べた物が腐っていたり、病原菌が存在したり、重篤な事態に発展する場合もあります。早く病院で受診してみて下さい。口の渇きが激しい場合は、水分摂取も欠かさずに。
Q:下痢をすると落ち着くのですが、おかしいですか?
A:わかります。おかしくありません。緊張を排便する事でリラックスに導かせているのですね。意識的か無意識かはわかりませんが。わりとそういう人も多いのです。本当はあまりクセにしたくありませんが、程度問題だと思います。心配はいりません。漢方で改善していきましょう。
Q:3日に1度のペースでは便秘でないと思ってましたが、知人から「違う」と云われました・・・。
A:その通りです。毎日一回排便があるのが普通に良い状態だと思います。お通じは大事です。快便は基本です。症状にあった漢方薬で改善していきましょう。

Q&Aの最終更新日 : 2017-11-22

【お知らせ】
12月2、9日(土)
 夕方6時半閉店
12月23日(土祝)
 研修会参加の為
 午後1時閉店

【営業案内】
営業時間10~19時
定休日日曜・月曜

◆相談不要で商品購入のみ目的での来店時は、入店後すぐに店員に声をお掛け下さい。先客と相談中でも、商品販売を優先し対応致します。
予約優先の順番制で漢方相談を行なっております。お時間の無い方は、事前にお電話でご予約下さい。

【中医学講座】
中医学を簡単に紹介する講座
毎月第2日曜10時半から約2時間@店内
<次回予定>
※12月10日日曜日
(10時30分~)
テーマ「痛み」
タイトル「痛み痺れになるべく鎮痛剤は飲まない」
◆寒い季節は痛みも出易いものです。しかし、安易に痛みを回避する事が治療を邪魔する結果を招く事もあります。痛みの原因へのアプローチを考えましょう。中医学の知恵を役立てると楽に過ごせます。
●予約はお電話などで連絡下さい。 
●筆記用具は御持参下さい
03_S.GIF


【世界お茶まつり】
◆会場では御好評頂き、大変多くの方に参加して頂きました。くまねこブログで「世界お茶まつり」のレポートをしています。御覧ください。
世界お茶まつり2016

【更新情報】
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ
◆5月3日FMコーナー
◆疲れの悩みコーナー    
を新設!!
◆眠りの悩みコーナー
ブログコーナー
昔のブログ