胃腸の悩み 慢性の下痢 of 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

胃腸悩み

◆慢性の下痢・軟便◆

熊猫パンダ.jpg■たかが下痢といっても
 下痢や軟便といっても、短期間で治る下痢と違い、長期間にわたる下痢は、生活の質を落とします。そして慢性の下痢はパワー不足をきたし、過敏性大腸症候群、潰瘍性大腸炎等厄介な状態へ繋がっていきます。

 下痢が続くと、口は渇き、思考力は低下し、疲れ易くなり、手足の力が弱まる等、生活全般のパフォーマンスは低下します。

■原因と一般的な治療
 下痢の原因は、胃腸の冷え・緊張ストレス・水分摂取過多・体の疲れ等と様々です。漢方ではそれら個々の原因に対応する薬があります。しっかり原因が分析できれば、改善する方法はあるという事です。

 病院では下痢軟便に対し、「ビオフェルミン」などの整腸剤や、「ロペミン」などの止瀉薬(ししゃやく)、収斂(しゅうれん)作用のある「タンナルビン」そして抗生物質などが処方されます。過敏性大腸症候群など余りにも敏感な方には「ポリフル」などという水分を吸着させる薬も処方されます。

 ロペミンなどの腸の動きを抑える薬品は、いざという場面でとてもありがたい薬です。しかし、急場をしのぐには便利ですが、慢性的な状態の改善には適さないと思います。

 また市販の薬の「正露丸」は、食あたり等に使うと効果的ですが、慢性的な下痢の改善には、少し心もとない感じがします。 長期にわたる下痢や、生活に支障をきたすほどなら、生活のパフォーマンスを向上させるためには、積極的に漢方薬で症状を楽にしていきましょう。

■漢方では
 腸内の余分な水分を調整する薬、お腹を温める薬、腸の痙攣症状を和らげる薬、ストレスに対する抵抗力をつける薬等の様々な漢方薬を駆使して下痢や軟便の症状の改善を目指します。しっかり原因が分かれば漢方薬は強い味方となるのです。御来店の上ご相談下さい。

【お知らせ】
12月2、9日(土)
 夕方6時半閉店
12月23日(土祝)
 研修会参加の為
 午後1時閉店

【営業案内】
営業時間10~19時
定休日日曜・月曜

◆相談不要で商品購入のみ目的での来店時は、入店後すぐに店員に声をお掛け下さい。先客と相談中でも、商品販売を優先し対応致します。
予約優先の順番制で漢方相談を行なっております。お時間の無い方は、事前にお電話でご予約下さい。

【中医学講座】
中医学を簡単に紹介する講座
毎月第2日曜10時半から約2時間@店内
<次回予定>
※12月10日日曜日
(10時30分~)
テーマ「痛み」
タイトル「痛み痺れになるべく鎮痛剤は飲まない」
◆寒い季節は痛みも出易いものです。しかし、安易に痛みを回避する事が治療を邪魔する結果を招く事もあります。痛みの原因へのアプローチを考えましょう。中医学の知恵を役立てると楽に過ごせます。
●予約はお電話などで連絡下さい。 
●筆記用具は御持参下さい
03_S.GIF


【世界お茶まつり】
◆会場では御好評頂き、大変多くの方に参加して頂きました。くまねこブログで「世界お茶まつり」のレポートをしています。御覧ください。
世界お茶まつり2016

【更新情報】
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ
◆5月3日FMコーナー
◆疲れの悩みコーナー    
を新設!!
◆眠りの悩みコーナー
ブログコーナー
昔のブログ