胃腸の悩み 慢性の便秘 of 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

胃腸悩み

◆慢性の便秘◆

熊猫パンダ.jpg■目標は1日1回バナナ
 健康の基本は快食・快眠・快便です。おいしく食事ができ、気持ちよく眠れ、出るものがしっかり出る。これが不調だと、身体に様々な歪みが生じてきます。

 しかし現代では、「毎日の気持ち良い排便」が当たり前ではない方が多いようです。たかが便秘とタカをくくらずに、毎日お通じが気持ちよく出る当たり前を感じて頂きたいと思います。「1日1回バナナ状」が目標です。

 病院で処方される薬には「プルゼニド」「アローゼン」「ラキソベロン」「酸化マグネシウム」等がよく使われます。しかし、こればかりに頼っていては次第に体は薬品に慣れてしまい、思ったような効果を示さなくなります。また服用後の刺激による腹痛も人によって悩みの種のようです。

 市販の「コーラック」「スルーラック」や「アロエ」「センナ」等も上記の刺激性下剤の一種です。効果を出すために服用量が増えていくようなら考えものです。薬に頼らず、自分自身の力で排便を行えるのが本来の姿です。

■消化能力と胃腸の動きの低下による便秘
 お年寄りや虚弱な方に多いタイプの便秘です。食事の量が少なく、便が塊になるほどの量に至らず、その結果腸が動かない場合もあります。また、お腹が冷えても胃腸の動きは低下します。

 普段からちゃんと食事を摂り、身体を動かし胃腸の働きを促します。腹式呼吸を意識して行うのがお勧めです。

 刺激性の下剤ばかりを使用していても、本来の胃腸の力ではないので自然排便に繋がりません。薬を飲む場合は、胃腸に力を与え、動かしてくれる漢方薬をオススメします。

■トイレに行きたがらない人の便秘
 女性に多いタイプの便秘です。朝一番、朝食後の排便信号を逃さずトイレに行く習慣をつけましょう。朝行く時間がないのなら夜でも良いので、毎日排便する習慣をつけないといけません。

 本来胃腸から送られていた排便信号を、忙しさや面倒くささから無視し続けた結果、便が腸内にあっても身体が反応しなくなってしまったのではないでしょうか?

 治療は、最初は下剤に頼っても良いので、しっかり毎日排便する習慣をつけましょう。食物繊維を多く含んだ根菜類の食物を多く摂るよう意識してみて下さい。


■ストレスによる便秘
 ストレスによりお腹の動きが鈍くなる、お腹が痙攣を起こす、食欲が低下する、お腹にガスが溜まるといった症状がみられます。

 根本解決は、晴れやかな気分になり、気持ちを安定させる事です。しかしなかなか簡単にはできません。そこで漢方薬で積極的に改善させるのがオススメです。同じ便秘の症状でも、原因や体質により服用するべき漢方薬が異なります。

【お知らせ】
12月2、9日(土)
 夕方6時半閉店
12月23日(土祝)
 研修会参加の為
 午後1時閉店

【営業案内】
営業時間10~19時
定休日日曜・月曜

◆相談不要で商品購入のみ目的での来店時は、入店後すぐに店員に声をお掛け下さい。先客と相談中でも、商品販売を優先し対応致します。
予約優先の順番制で漢方相談を行なっております。お時間の無い方は、事前にお電話でご予約下さい。

【中医学講座】
中医学を簡単に紹介する講座
毎月第2日曜10時半から約2時間@店内
<次回予定>
※12月10日日曜日
(10時30分~)
テーマ「痛み」
タイトル「痛み痺れになるべく鎮痛剤は飲まない」
◆寒い季節は痛みも出易いものです。しかし、安易に痛みを回避する事が治療を邪魔する結果を招く事もあります。痛みの原因へのアプローチを考えましょう。中医学の知恵を役立てると楽に過ごせます。
●予約はお電話などで連絡下さい。 
●筆記用具は御持参下さい
03_S.GIF


【世界お茶まつり】
◆会場では御好評頂き、大変多くの方に参加して頂きました。くまねこブログで「世界お茶まつり」のレポートをしています。御覧ください。
世界お茶まつり2016

【更新情報】
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ
◆5月3日FMコーナー
◆疲れの悩みコーナー    
を新設!!
◆眠りの悩みコーナー
ブログコーナー
昔のブログ