シズテム 料金 of 熊猫堂薬局 シノアバランスを考える

◆システム 料金◆

熊猫パンダ.jpg
【お薬のお値段】
 お客様ごとに飲むお薬の種類は異なり、お薬の値段は様々です。大まかな目安として、1日分500円とお考え下さい。
14日分は7,000円 28日分は14,000円程度です。※人参や牛黄などの漢方薬は、上記の値段より高くなるものもあります。薬の選択時に、まずお客さまに値段の提示を行います。商品をお勧めし、お客様の同意を頂いてから販売を致しますので、ご安心下さい。

【過去の販売例を示します】
 「漢方薬の値段が分かりにくい」という声をしばしば頂きます。参考として以下に過去の商品販売例を記します。同じ病名でも、個々のケースで飲む薬の種類は異なり、当然ながら値段も異なります。参考資料という意味で下記の値段をご覧下さい。

◆風邪の方
咳嗽・発熱・のどの痛みを訴えて来店。
薬を3種類購入され、会計は合計5,490円(1日3回服用で4日分)
次回来店時には、消費した商品だけ補充の為購入された。
咳の薬は一種類1,800円と、のどの薬1種類1,900円を購入。
必要時だけ服用するが、風邪の最中は来店できない為、
自宅に常に必要になる薬を一定量をキープしている。

◆風邪予防の方
頻繁に風邪をひくので、シーズンになると風邪をひく前に予め薬を服用して予防に努めている。1日2回服用のペースで1ヵ月分:6,000円
家族みんなで服用している為、薬が無くなれば補充で購入している。

◆疲れると動悸+肩こり頭痛が続く方
2種類の漢方薬を服用し始め、一方のお薬は1日1回、もう一方は1日2回服用している。合計1ヵ月分:約13,000円
服用後調子が良く、動悸がみられなくなった為1種類に絞ってみたが、
動悸が再発した為、また同じ2種類に戻し服用継続中

◆慢性疲労の方
疲労回復の為、毎日朝夕に滋養強壮薬を1種類服用している
1日分300円、1ヵ月分で9,000円

◆不眠改善の方①
2種類の漢方薬を併用中。
1日3回定期的に服用している漢方薬が8,500円(1ヵ月分)
不調時のみ服用しているが10回分で4,000円

◆不眠症の方②
夜中にトイレの為に、2~3回/晩のペースで起きてしまう。
1日分:500円の漢方薬を2週間分づつ購入しており、調子が良い状態になると、回数を減らして継続している。

◆子宮筋腫の方
筋腫増大予防のため粉薬を二種類服用している2週間分で7,000円。調子が良いのでまとめて4週間分購入で13,500円。

◆無月経の方
体力を高める為の2種類の薬を、定期的に服用し、1ヶ月分約20,000円。
また、胃腸虚弱の体質の為、もたれ改善のお薬5,000円(1ヶ月)や、
ストレス時の体調不良を緩和するお薬6,000円(1ヶ月分)を、必要時に補助の薬として使用している。

◆生理痛の方
痛みの発生時に頓服的に飲む薬と、体質改善を目的として定期的に飲む薬を併用中。
痛み止めは1回分:400円、体質改善の薬は1日分:450円
痛みが緩和されてきた時点で、服用回数を1日3回→2回や、痛み止めの薬だけに切り替えていきます。

◆冷え症の方
温める漢方薬を服用している。
1ヶ月分で会計6,000円弱。
冷えにくくなり、風邪ひきにくくなり好調のため継続している。

◆不妊症の方
不妊症のコーナーを参考にして下さい⇒不妊症のお値段

◆アトピー性皮膚炎の方
初回相談時、内服薬3種類で2週間分9,500円と外用薬1種類1,260円、保湿クリーム3,150円を購入。皮膚炎の症状が酷い。

3ヶ月程経過し、症状が落ち着いた段階で、体調維持の組み合わせに変更する。飲み薬2種類2週間分7,000円と保湿クリーム3,150円を購入。

1年後安定期に入り、内服薬のみで皮膚はコントロールができている。
1ヶ月分:約8,000円 

◆ダイエットの方
解毒排出させる薬が、1日分:450円
循環を良くする為の薬が、1日分:450円
この2種類のどちらかを体調により選択し、飲み分けてもらう。
食欲増進時に用いる食欲をセーブさせる薬が30回分で4,500円

◆腰痛の方
冷えと疲労が重なると痛み始めるタイプの腰痛で、毎日定期的に服用する薬と、痛みが激しい時に服用する薬を併用している。
状態により同時に飲む事もあるが、調子よければ片方のみでOK
定期服用薬が1ヵ月分:9,000円、痛み止めが1日分:450円

◆リウマチの方
定期服用薬が半月分で7,000円程度 痛み止め薬が1日分450円

◆花粉症の方
予防的に服用する薬が10日分:3,000円
症状改善の薬が1日分:450円
予防的に服用する薬であらかたコントロールが出来ているので、1ヵ月分まとめて購入するようになり8,400円。治療薬は必要時のみ使用するだけで済んでいる。

◆自律神経失調症の方
動悸や呼吸困難の発作予防で飲む漢方薬(1回分:500円)と、症状開始後に服用する漢方薬(1回分1,000円)を使い分けている。
体力を維持する薬を常時服用で、半月分:5,000円
また、胃腸の不調が発作の原因となる為、胃腸薬を定期的に服用します。1ヵ月分:5,000円

【お知らせ】
12月2、9日(土)
 夕方6時半閉店
12月23日(土祝)
 研修会参加の為
 午後1時閉店

【営業案内】
営業時間10~19時
定休日日曜・月曜

◆相談不要で商品購入のみ目的での来店時は、入店後すぐに店員に声をお掛け下さい。先客と相談中でも、商品販売を優先し対応致します。
予約優先の順番制で漢方相談を行なっております。お時間の無い方は、事前にお電話でご予約下さい。

【中医学講座】
中医学を簡単に紹介する講座
毎月第2日曜10時半から約2時間@店内
<次回予定>
※12月10日日曜日
(10時30分~)
テーマ「痛み」
タイトル「痛み痺れになるべく鎮痛剤は飲まない」
◆寒い季節は痛みも出易いものです。しかし、安易に痛みを回避する事が治療を邪魔する結果を招く事もあります。痛みの原因へのアプローチを考えましょう。中医学の知恵を役立てると楽に過ごせます。
●予約はお電話などで連絡下さい。 
●筆記用具は御持参下さい
03_S.GIF


【世界お茶まつり】
◆会場では御好評頂き、大変多くの方に参加して頂きました。くまねこブログで「世界お茶まつり」のレポートをしています。御覧ください。
世界お茶まつり2016

【更新情報】
◆7月10日FMコーナー
◆7月10日ブログ
◆5月12日ブログ
◆5月3日FMコーナー
◆疲れの悩みコーナー    
を新設!!
◆眠りの悩みコーナー
ブログコーナー
昔のブログ